News

宿泊 2016.10.27

11月11日、「MADE-IN-FUKUOKA」をコンセプトに全和室リニューアル

福岡には美しい伝統工芸品があります。若手作家の素晴らしい作品があります。
それを世界中の人に知ってもらいたい。美を守り続ける、創造し続ける、「福岡のモノ創り」をする人々をサポートしたい。
毎日たくさんの旅行者が訪れるヒルトン福岡シーホークだからこそできることはないだろうかと、考え辿り着いた答え。
それは、「モノ」を「体験」に変え、提供することでした。
すべての和室が“MADE-IN-FUKUOKA”とコンセプトをかかげ、6つの作品を集めています。

ご滞在中、実際手に取り、使ってみることでその良さを知ってください。ぬくもりを感じてください。
ぜひ、新しい「福岡の滞在」の仕方として、和室での一夜を心ゆくまでお楽しみください。

部屋着 久留米絣を使用したホテルオリジナルもんぺ

懐かしくて、新しい。 久留米絣を使用したホテルオリジナルもんぺは伸縮性に富み、優しい肌触り。 また、浴衣とは違う和の体験は、旅の冒険心をくすぐり、福岡の伝統を身にまとうという「非日常のわくわく」を提供します。

雪花グラス 青木耕正 作

雪花グラスは、「成長する」グラス。 使い続けるうち、雪の結晶のようなガラスの花がその中に咲いていきます。咲く際グラスが奏でる「キンッ」という音を聞いてみたくはありませんか。 福岡の若手ガラス職人、青木氏の作品です。

テーブルランナー 博多織

和室に彩りと品を与える博多献上織のテーブルランナー。厄除けや家内繁栄の意が込められたという独自の紋様はゆるぎなさと清らかさを感じさせます。 ご用意した6種のうち、どの色に出会えるかも宿泊当日の楽しみのひとつ。

茶器セット「ゆらぎ」 英一郎 作

独特なシェイプの湯呑み。その姿の通り、「ゆらぎ」と名付けられました。 従来の焼き物の概念にとらわれない自由な発想で福岡を拠点に活動する磁器彫刻作家 英一郎氏の作品です。 この曲線のごとく、ゆるやかなひとときを。

ベッドサイドランプ 大川組子

大川組子のベッドサイドランプは、夢へといざなう時間をさらに幸せなものへと演出します。この灯りのもとでしっぽりと一杯…も乙なもの。手で組まれた木工細工と光が織りなす温かい灯りをお楽しみください。

トレイ ライミックス (漆喰タイル)

使い方は自由。さりげなく、でも、存在感を持つこの「漆喰」のトレイ。実は焼かれずにつくられた非燃性セラミック。田川産業独自の技術で成形したこの作品には、博多献上織の紋様が刻印されています。 伝統と最新技術が融合した作品です。

Page Top

sp